読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るろにん綴り

ぷーたろー気分のシングルマザーです。子育ても仕上げの時期となり、思い出したことも含めて書いてみる。

シングルマザーは色物なのか

”シングルマザーはエロな目でみられることがある”

YES? 経験、ありませんか?

私は、あります。あれはまだワタクシも妙齢のみぎり……。

出産後初仕事を探すためハローワークで紹介を受けた会社で、です。

そこは中小企業でしたが、雇用促進に協力し、シングルマザーを優先的に採用するとかで勧められたのでした。

ほんまかいな と面接に行ってみると、社長が上から下まで眺め回すようにガン見してくる。

「ふ~ん、あんた、シングルマザーなのかあ」

という声が聞こえてきそうな、物珍しげというか、品定めするような、というか。

接客業でもないのに、外見だけ見るの? と思うような面接でした。

とりあえず、そこで仕事を始めることになった。

女子社員にどうも溶け込めずポツンとしていると、おじさん社員(既婚者らしい)が親切にしてくれました。

話しやすい人だなあと思って、世間話として車選びについて聞いたりしました。

すると。

すばやく車の営業を会社に呼んで、商談をまとめてくれようとするんです。

えっ? そこまで頼んでませんけど? この人、車の営業サンからインセンティブでももらうのかしらん?

と、当惑しながら話だけ聞いて、営業サンには帰っていただきました。

その後、おじさん社員はなぜか、「もっと相談に乗ってあげる」とか言って、私の家までやってきた。今考えても、どうやって私の家がわかったのか謎なんですけど……。

(社長か総務の人と噂話をしてたとしか、思えませんね!)

相談って、なんなんでしょうね。

「男に不自由してるだろ? 相談にのるよ」

「お金も不自由してるだろ? 相談にのるよ」

みたいなことだったんでしょうかね。

あきれます。ゲスすぎ。

不自由しててもしてなくても、あなたに頼ろうとは思いませんてば。

ちょっと話すようになっただけで、イケそうとか、やれそうとか思われるんだったら、誰とも口を聞けないじゃないか! 私は決して、そんなお誘いオーラは出していなかったと思いますけど?

もちろん、「特に困ってませんから~」と冷たく追い払いましたが、最後まで

「え? なんで? ほんとにいいの?」

と、なんで絶好の機会を提供してやってるのに、俺を逃すんだと言わんばかりの態度でした。アホですね。

確かに、シングルマザーをやってると独身男性に敬遠されたり、遊びに行く機会がなくなっちゃって寂しいのは事実です。しかし、ゲスい男に安く見られるのだけは勘弁ですね。

くれぐれも、気をつけましょう!!!

 

シングルマザーの雇用促進とは

厚生労働省のHPによると、「特定求職者雇用開発助成金」というものです。

障害者、高齢者、母子家庭の母などを雇用した事業者に対し、お金が支給されるんです。ハローワークなどからの紹介からに限り、雇用期間などいろいろ支給要件があります。

私の場合、請負で働くことにしたので雇用保険の被保険者にならないことで、支給要件を満たさなかったと思います。そんなことなら、最初から「シングルマザー」の触れ込みで紹介してもらわないほうが良かったかも。

 

おととし、またハローワークから紹介をもらったとき、係の人に聞かれました。

「『母子家庭の母』かどうかを書く欄があるんですけど、どうされます? 先方に考慮していただける場合もあるし、気を使われるのがイヤという方もおられるし……」

はあ。

もちろんお断りしました。いい思い出、ないですからね。